もらえると嬉しい賞与!

賞与は必ずもらえるものと思っているのは間違いだ

知っておきたいボーナスについての基礎知識

ボーナスとは、通常の給料とは別に、労働者の勤務成績などに応じて定期的、または臨時的に支給されるお金のことである。しかし通常の給料のように必ず支給しなければならないといった義務はないため、会社によってはそれが無い場合もあるし、それを支給する際の制度(ルール)に関しても会社によって異なる。また、支給が行われている会社は大手企業が多く、逆に支給が無い会社は中小企業が多いと思われがちだが、大手企業であっても外資系の会社に関しては支給が無い場合も多いという傾向がある。

支給額に関しては、会社のパンフレットなどに支給平均月数が紹介されている場合があるが、実際の支給額は会社の業績によっても左右されるため一定ではないという現状がある。なので、一定の支給額をあてにして住宅ローンなどを組むことにはリスクが伴うということも、あらかじめ知っておく必要があるだろう。

支給に関する制度については、同じ支給月数がすべての社員に適用されるわけではなく、会社内の立場によってランクが設けられている場合もあるため注意が必要である。例えば、課長級は3ヵ月分で新人は2ヵ月分といった月数の差が傾斜的に設けられている場合も多く見られる。そしてボーナスは過去の業績が反映されるのが普通であり、例えば夏のボーナスに関しては、前年下期の業績が反映されるという仕組みになっている。そのため、4月に入社した新入社員については、その年の夏の支給は無いというのが一般的である。

ボーナスについてのあれこれや使い方など面白い記事が掲載されているサイト【ボーナスの使い方&もらい方】をお薦めするので是非読んで欲しい。